同志社大学長選、「現職」村田晃嗣氏敗れる 新学長に松岡氏

同志社大学長選、「現職」村田晃嗣氏敗れる 新学長に松岡氏
同志社大学長選、「現職」村田晃嗣氏敗れる 新学長に松岡氏
その他の写真を見る (1/2枚)

 同志社大は6日、任期満了に伴う学長選を行い、理工学部教授の松岡敬(たかし)氏(60)が、現学長で法学部教授の村田晃嗣(こうじ)氏(51)を破り、新学長に選出された。任期は来年4月1日から4年間。今月28日に行われる学校法人同志社の理事会で正式に決定する。

 松岡氏は昭和54年、同志社大工学部(現・理工学部)を卒業。同志社大工学研究科博士前期課程を修了し、近畿大学工学部助教授、同志社大工学部助教授などを経て、平成10年から現職。これまで理工学部長、副学長の要職を歴任している。専門は材料・材料力学、機械要素。

 村田氏は25年4月に48歳で学長に就任したが、1期3年で退くことになる。専門はアメリカ外交、安全保障政策論。

 安全保障関連法案をめぐり、衆院平和安全法制特別委員会が開いた中央公聴会に出席し、与党推薦で賛成意見を述べたことを受け、教職員有志が村田氏を批判する声明を出していた。

会員限定記事会員サービス詳細