リンガーハット、9年ぶりにロゴ変更 赤いとんがり屋根消える

 長崎ちゃんぽん店を運営するリンガーハットは6日、同社の店舗の看板などで使用するロゴマークを変更すると発表した。ロゴの変更は平成18年以来9年ぶりで3代目のロゴマークとなる。昭和57年の初代ロゴマーク以来続いていた「赤いとんがり屋根」がなくなり、アルファベットの「R」をかたどったものとなった。店頭には1月に登場する。

 新しいロゴマークは「R」を3本の線で描いたもので、線の色はとんがり屋根を踏襲し赤とした。今回の変更について、同社は「年内に国内600店を達成する節目で、グループ1000店達成に向け、さらなる発展を目指すため」としている。