「役立たずのブタよ!」社会現象起こした伝説の昼ドラ「牡丹と薔薇」復活 第2次ブームくるか

新昼ドラ「新・牡丹と薔薇」(左から)黛英里佳(小日向ぼたん役)、逢沢りな(小日向美輪子役)
新昼ドラ「新・牡丹と薔薇」(左から)黛英里佳(小日向ぼたん役)、逢沢りな(小日向美輪子役)

 2004年に女優、大河内奈々子(38)と小沢真珠(38)が姉妹の愛憎劇を演じ、社会現象になったフジテレビ系昼ドラマ「牡丹と薔薇」が約12年ぶりに復活することが3日、分かった。出演者と物語を一新した同局系「新・牡丹と薔薇」(月~金曜後1・25)が30日にスタート。日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」に出演する女優、黛英里佳(30)、戦隊もの出身の女優、逢沢りな(24)が姉妹を演じ、ボタバラブームの再来を目指す。

 昼ドラ史に残る傑作、ボタバラが新装開店だ。

 04年放送の「牡丹と薔薇」は大河内と小沢演じる別々に育った実の姉妹が出会い、数奇な運命に翻弄されるさまを描いた愛憎劇。最高視聴率13・8%(04年3月24日、関東地区、ビデオリサーチ調べ)という昼番組では異例の高視聴率を記録し、終了後はSP版が放送され、同作のパチンコ台が登場するなど、空前のブームになった。

会員限定記事会員サービス詳細