週間視聴率トップ30

ブラタモリ富士登頂14.7% 10/26〜11/1

 70歳のタモリが富士山に初登頂したNHK土曜夜の「ブラタモリ」が14・7%で14位にランクインした。10月10日の「富士山」(10.6%)、24日の「富士山の美」(10.1%)に続く富士山シリーズの3回目「富士山頂」だが、7月20日の「スペシャル・東京駅」の13.3%を上回り、今年4月の3年ぶり番組復活以降で自己最高だった。

 一方、やはり土曜夜にビートたけしがレギュラー出演するTBS「新・情報7daysニュースキャスター」は11位の15.2%。同夜はハロウィーンで、騒然とする渋谷スクランブル交差点が生中継された。

 前週に2日連続23%台を出したNHK朝ドラ「あさが来た」は第5週のこの週、23.7%の自己最高を10月28日にマークした。翌日と翌々日も23%台で、3日連続は昨年上期「花子とアン」の第25週以来。ただ、「花子とアン」は第3週の段階で早くも24%台を出している。

 TBS日曜劇場「下町ロケット」も右肩上がり。初回16.1%、第2話17.8%、今回は18.6%で、これまた自己最高を更新した。ただし、こちらも同じ原作者とスタッフで一昨年夏放送の「半沢直樹」が見せた右肩上がり(初回19.4%、第2話21.8%、第3話22.9%。第4話は27.6%)のパワーにはまだ追いついていない。

 フジの月曜20時台バラエティー「痛快TVスカッとジャパン」が13.8%を出し、初ランクイン。(山根聡)

会員限定記事会員サービス詳細