速報

速報

北朝鮮がまた飛翔体発射

ファッションおたく

間違いだらけの「日本のダイエット」 NY在住の美人インストラクターが両断、「きれいに食べて」

 つまり、高価な野菜を少量に抑え、比較的安い野菜やくだもので水増ししているジュースもある、ということか。「いい食材を使ったものが高いのは当然です。希少な食材をふんだんに使用しているにも関わらず安価で販売されていると逆に疑問を抱きます」と黒田さん。

 「健康維持・増進」という本来の目的を達成するためには、たとえコストがかかっても納得して継続するニューヨーカー。それに対し、「流行してるから」というだけではやりのダイエット法や健康法に飛びつくはいいが、コストや手間がかかるとなるとお手軽に走り、やがては飽きて見向きもしなくなる、という「熱しやすく冷めやすい」日本人。黒田さんは日本のコールドプレスジュース市場調査でも、そんな危惧を感じたという。

 「継続は力なりといいますが、どんないい健康法もダイエット法も、その本質をしっかりと理解した上で続けないと意味がありません。流行の表面だけをなでて、効果が上がらないから、続けるのが大変だから、とやめてしまうのはもったいないことです」

 もし「高い」ということに抵抗があるのであれば、面倒と思わず家で自分で作れば経済的。また「ジュースだけにこだわる必要もない」と黒田さんは提案する。

農薬、抗生物質、劣悪な環境で生まれた食材の怖さ

 NYで働いていた黒田さんは、ビーガン(絶対菜食主義者・純粋菜食主義者)の友人の影響で食に関心を持つようになったという。

 「私自身はビーガンではありませんが、目の前にある食材はどのような過程で供給されているのだろう」と疑問を抱き、牧場をはじめいろんな生産者を見て回った。

 「農薬が大量に入った飼料、成長を早めるための抗生物質、劣悪な飼育環境…目を覆いたくなるような悲惨さでした…」と眉をひそめる。黒田さんはTV制作会社を辞め、良質の野菜を中心とした健康的な食を提案する「Karada Detox(からだデトックス)」を2012年に立ち上げた。