アサヒ「ドライゼロ」販売差し止め認めず ノンアルビール訴訟、サントリー敗訴 東京地裁「特許に新規性なし」

 勝訴を受け、アサヒは「ドライゼロの販売を心配するお客様から多くの応援をいただいた。主張が認められ大変うれしい」などとするコメントを発表。一方、サントリーは「特許侵害が続けられるのは看過できず、知財高裁に控訴する」とした。

 少子高齢化の進行や若者の酒離れなどでビール消費量が減少傾向にある中、ノンアルビール市場は有力な成長市場と期待されており、ビール各社は新商品の投入などを続けている。

会員限定記事会員サービス詳細