ソフトバンクとJTBが訪日中国人旅行で提携

 ソフトバンクとJTBは28日、急増し続ける訪日外国人旅行者向けのビジネスで提携契約を結んだと発表した。ソフトバンクは提携事業のため新会社を設立する。提携事業の第1弾として、来月11日から、中国の電子商取引大手でソフトバンクのグループ会社、アリババの旅行サイト内で旅行商品の販売を始める。

 両社はアリババの旅行サイト内に専用の旅行サイト「日本汐留旅行旗艦店」を出店、ホテル予約や旅行商品の予約販売などを行う。

 今後は、アリババの旅行サイトのスマートフォン向けアプリに観光情報を発信するなど、多様なサービスも提供していく考えだ。

会員限定記事会員サービス詳細