塩崎厚労相「非正規を正社員に」 経済界に要請 - 産経ニュース

メインコンテンツ

塩崎厚労相「非正規を正社員に」 経済界に要請

 塩崎恭久厚生労働相は28日、経済界に対し、パートや派遣社員などの非正規雇用労働者の正社員転換と待遇改善に向けた協力を要請した。経団連で榊原定征会長に、経済同友会では小林喜光代表幹事に要請書を手渡した。

 非正規雇用労働者の正社員転換は今年6月に閣議決定された「日本再興戦略」にも盛り込まれており、正社員化することで雇用の質を高め、生産性の向上を図るのが狙いだ。

 塩崎厚労相は「雇用環境の改善が進んでいる今、強力に正社員化を進めてもらいたい」と語った。これに対し、榊原会長は「不本意ながら非正規となっている方々の正社員化に取り組むよう働きかけたい」と応え、小林代表幹事も「労働生産性の向上が不可欠のなか、非正規で働いている若い世代が正社員化することによって、企業の活力を引き上げることが重要」と強調した。

 パートなどの正社員化は大企業を中心に拡大している。日本生命保険は短時間勤務のパートスタッフと呼ばれる契約社員約6千人について、これまでの有期雇用契約を無期雇用に切り替える。三菱東京UFJ銀行や明治安田生命など大手金融機関が取り組みを表明するほか、外食産業などでも取り組みが拡大している。