関学大が全学部で補欠合格制度を導入…来年度一般入試から

 関西学院大(兵庫県西宮市)は、来春入学者が対象の平成28年度一般入試から、全学で補欠合格制度を導入すると発表した。同大入試課によると、全学で同制度を導入するのは関西の大学では初めてという。

 同課によると、実際の入学者数が定員から大きく上回るなどしないよう、定員管理を徹底するため。定員を管理することで、小人数対話型の授業の推進につながる。同制度の導入による合格者数に大幅な変動はなく、試験の難易度に変化はないという。

会員限定記事会員サービス詳細