秘録金正日(47)

中国の改革解放を「共産主義捨てた」と一蹴 トウ小平は「なんてばかなやつだ」と激怒

 後継者として、内政面の実権を金日成から託された金正日は、大韓航空機爆破など、海外で相次ぎテロを敢行し、国際的孤立の道をひた走る。今回からは、正日が軍政に至るまで、父の権力をかすめ取り、金王朝の頂点に登り詰める過程を描く。=敬称略

(龍谷大教授 李相哲)

【プロフィル】李相哲(り・そうてつ)

 龍谷大学社会学部教授。1959年、中国黒竜江省生まれ。両親は朝鮮半島出身。中国で新聞記者をへて87年に来日。上智大学大学院博士課程修了(新聞学博士)。韓国政府関係者や脱北した北朝鮮元高官とパイプを持ち、北朝鮮の政情分析に定評がある。著書に『金正日と金正恩の正体』(文春新書)、『朴槿恵の挑戦』(中央公論新社)。テレビのコメンテーターとしても活躍。日本国籍。

会員限定記事会員サービス詳細