秘録金正日(47)

中国の改革解放を「共産主義捨てた」と一蹴 トウ小平は「なんてばかなやつだ」と激怒

 金正日(キム・ジョンイル)後継体制への移行過程を強い関心をもって見守っていた国がある。中国だ。中国で「世襲」を否定的にとらえる幹部が多いなか、最高実力者のトウ(=登におおざと)小平は、容認する立場をとる。

 中国政府編纂(へんさん)の『トウ小平年譜』によれば、1980年5月、中国共産党中央軍事委員会主席のトウは、党書記の胡喬木らとの懇談でこう話した。「外国兄弟党(朝鮮労働党)のことは、既存の方程式で評価してはならない。その国の路線と方針は、その国の党と人民が判断すべきだ」

 自国の後継体制に対し、中国指導部内に異論があることを承知していた金日成(イルソン)は、説明に赴くタイミングを見計らっていた。70歳の誕生日を契機に、政権実務のバトンを息子に手渡した後の82年9月16日、中国を公式に訪問する。

 到着した北京駅では、トウをはじめ、党総書記の胡耀邦や、翌年に国家主席に就く李先念、首相の趙紫陽らが出迎えた。

「息子を毎年送り学ばせる」後継者の初外遊

 翌17日、北京の釣魚台国賓館で「新老幹部交代問題」を話し合った金日成とトウ小平は、18日から専用列車で3泊4日の旅に出る。

 内陸部の成都に着くまで30時間以上、閉ざされた空間で2人きり話し込んだ。内容の一部は中国の文献にも記されている。