経済インサイド

やはり太陽光発電は基幹電力になりえない 冬のピーク時は「戦力外」 火力頼みの電力供給なお…

太陽光発電は天候に左右されるなど、まだまだ課題が多い=6月、岩手県宮古市の太陽光発電所(大西史朗撮影)
太陽光発電は天候に左右されるなど、まだまだ課題が多い=6月、岩手県宮古市の太陽光発電所(大西史朗撮影)

 今夏も猛暑に見舞われた日本列島。原子力発電の再稼働がままならない中、火力発電がフル稼働し、幸いにも電力需給に大きな混乱は起きなかった。東日本大震災以降、節電が定着したことに加え、日中に発電量が伸びる太陽光発電の増加も一定の効果があった。しかし、目を凝らすと、九州電力などの管内では、今夏に使用率(供給力に対する需要の割合)が95%以上の需給が「厳しい」日が発生した。昼夜を問わずに発電できる地熱発電や原発と違い、太陽光発電が夜に発電できないことが響いたのだ。また、暖房需要が伸びる冬は夜間に電力ピークがくるが、太陽光発電は戦力として見込めないのが実情だ。再生可能エネルギーの中核として注目される太陽光発電だが、基幹電源にとして力不足な面があることが露わになっている。

 「いくら日差しの強い夏でも太陽光発電だけに頼るわけにはいかないのです」。大手電力の関係者はこう説明する。

 今夏は太陽光発電の一つの弱点が露見した。当たり前のようだが、夜間は太陽光で発電できない。九電は夜間の供給力が落ち込み、使用率が95%以上の「厳しい」日が今夏は2日間も発生したのだ。

会員限定記事会員サービス詳細