関西の議論

「業務スーパー」驚異の急成長 開業15年で全国705店 あの激安店にも負けない秘密

【関西の議論】「業務スーパー」驚異の急成長 開業15年で全国705店 あの激安店にも負けない秘密
【関西の議論】「業務スーパー」驚異の急成長 開業15年で全国705店 あの激安店にも負けない秘密
その他の写真を見る (1/4枚)

 イオン(千葉市)やユニー(愛知県稲沢市)など総合スーパーの業績が低迷する中、独自の低価格食品で勝負する神戸物産(兵庫県稲美町)の「業務スーパー」が好調だ。飲食店などプロに向けた業務用食品を提供するスーパーとして平成12年に1号店を兵庫県三木市にオープンして以来、品質と安さが一般客にも人気を呼び店舗数は急拡大。今年8月末時点で全国705店舗を擁するまでに成長した。順調な新規出店を追い風に、同社の10月期連結決算業績予想では、売上高2280億円、純利益50億円といずれも過去最高を記録する見込み。総合スーパーに加え、米国生まれの大型倉庫型店舗「コストコ」や激安を売りにした「スーパー玉出」(大阪市西成区)など競合店がひしめく中、順調に業績を伸ばし続ける秘密とは-。(荒木利宏)

量は多く、値段は安く

 9月のある日の午後5時過ぎ。「業務スーパーフレッシュ稲美店」(兵庫県稲美町)は、夕食の食材などを求める買い物客でにぎわいを見せていた。買い物かごをカートにのせて行き交う人々の様子を見ていて目につくのは、まとめ買いの多さだった。

 冷凍鶏肉(2キロ)を買い求めていた同町の会社員、高橋壮多さん(30)は「少し多めに商品を買っても、近所のスーパーで購入するより安い。買いだめが必要な時はよく足を運びます」と話す。

 陳列棚に目を向けると、讃岐うどん(200グラム)5袋入が127円、本醸造しょうゆ(1・8リットル)が197円、レトルトの大盛りカレー甘口5袋入りが265円(いずれも税別、取材時点)などが並ぶ。いずれも量が多く、値段が手ごろな商品ばかりだ。

会員限定記事会員サービス詳細