強姦致死初公判 「極刑望む」遺族コメント 新潟

 初公判に合わせ、強姦致死事件の被害者となった女性の遺族は20日、弁護人を通じてコメントを発表した。

 全文は次の通り(カッコ内を除き、原文のまま)。

                     ◇

 やっと裁判が始まります。

 私たち家族は、娘の無念を晴らすべく、被害者参加(制度を利用)することにしました。

 何の罪もないうちの娘を殺した喜納尚吾(被告)は、いくつもの犯罪を犯してきたとんでもない男です。

 私たちが望むのは、極刑しかありません。

 この思いを法廷で訴えていきたいと思います。

  平成27年10月20日

  被害者参加人一同

会員限定記事会員サービス詳細