ソロモンの頭巾

番外編 ノーベル賞 蟻田功さんに「平和賞」を

【ソロモンの頭巾】番外編 ノーベル賞 蟻田功さんに「平和賞」を
【ソロモンの頭巾】番外編 ノーベル賞 蟻田功さんに「平和賞」を
その他の写真を見る (1/2枚)

 今年のノーベル賞で、日本の受賞者とは別に、頭に浮かんだ人が2人いる。

 2008年に亡くなった物理学者の戸塚洋二さんと、国立病院機構熊本医療センターの名誉院長、蟻田功さんだ。

 戸塚さんの功績は、物理学賞に輝いた梶田隆章さん(東大宇宙線研究所教授)の受賞報道で、多くのメディアに取り上げられた。

 02年に物理学賞を受けた小柴昌俊さん(東大特別栄誉教授)の後継者として、素粒子ニュートリノの観測、研究を発展させた。梶田さんの兄弟子にあたり、スーパーカミオカンデでの「ニュートリノ振動」の観測を主導したのが戸塚さんだ。

 小柴さんはノーベル賞受賞後に「近いうちにまた、受賞者が出るよ」と話した。戸塚さんと一緒に、今回の受賞を喜びたかった、という思いをかみしめたことだろう。

 今年の物理学賞は梶田さんとカナダの研究者の2人に授与される。3人の枠の1つが空いている。

 ノーベル賞受賞者の「記録」は変えられないが、「記憶」の中では物理学賞受賞者として、戸塚さんの名前も刻みたい。

会員限定記事会員サービス詳細