将棋

羽生超え!史上最年少三段が誕生 13歳2カ月の藤井聡太さん

昇段を決めた将棋を振り返る藤井聡太新三段=18日午後、大阪市福島区の関西将棋会館
昇段を決めた将棋を振り返る藤井聡太新三段=18日午後、大阪市福島区の関西将棋会館

  プロ棋士を養成する関西奨励会の例会が18日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われ、藤井聡太二段(13)が麻生喜久二段(18)に勝ち、直近の成績が14勝5敗となって昇段規定を満たし三段に昇段した。来春開幕する三段リーグ戦に参加してプロ四段を目指す。13歳2カ月の三段は佐々木勇気五段(21)の13歳8カ月を更新する史上最年少記録。羽生善治棋聖(4冠)は14歳6カ月、谷川浩司九段は14歳2カ月だった。

 藤井新三段は愛知県瀬戸市出身の中学1年生で、杉本昌隆七段門下。「三段に上がれてホッとしています。来春までに力を蓄えておきたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細