USJ、すべての転売チケットを無効化 11月から

 大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)の運営会社は16日、転売により不正に取得したチケットを11月1日から利用できなくすると発表した。インターネットオークションなどで高額で取引きする業者らの転売行為を撲滅する狙いがある。

 入場券に加え、待ち時間なくアトラクションを楽しめる「エクスプレス・パス」など全種類のチケットが対象。社内に監視調査チームを設け、購入履歴などから転売を確認してチケットのQRコードなどを無効化する。

 運営会社によると業者の買い占めによる大量の転売が確認されており、年約10億円分に上るという。繁忙期や人気のショーなどでは、転売目的の買い占めにより、利用者から入手しにくいなどのクレームも寄せられていた。またインターネットオークションサイトなどを通じて7倍の価格で販売されている事例などがあった。

 同社は「より多くの人に楽しんでもらえるよう、不正転売の撲滅に向けて例外なく対応したい」などとしている。転売撲滅の費用として数億円を見込んでいる。

会員限定記事会員サービス詳細