ローカルプレミアム

最後の将軍・慶喜が晩年こよなく愛した乗り物は? 籠、馬、船、それとも… 静岡市が復活プロジェクトを始動

【ローカルプレミアム】最後の将軍・慶喜が晩年こよなく愛した乗り物は? 籠、馬、船、それとも… 静岡市が復活プロジェクトを始動
【ローカルプレミアム】最後の将軍・慶喜が晩年こよなく愛した乗り物は? 籠、馬、船、それとも… 静岡市が復活プロジェクトを始動
その他の写真を見る (1/3枚)

 大政奉還で江戸を去り、駿府(静岡市)に移った最後の将軍、徳川慶喜(よしのぶ)公は、自転車を乗り回していた。籠、馬、そして、鳥羽・伏見の戦いに敗れた際には、船で大阪から逃げ帰った慶喜だが、家臣とサイクリングに興じる姿は、想像すると面白い。静岡市も、県内で初めて自転車に乗ったとされる慶喜の自転車を復刻するプロジェクトを始動させた。「けいきさんの自転車」は、どんな形だったのだろうか? (田中万紀)

 「世界水準の自転車都市」を目指す静岡市。同市は、徳川家康公顕彰四百年記念事業の一環で、市内外から慶喜の愛車に関する情報や資料を広く収集し、技術者を探して年内にも復刻に着手する。

 地元では、親しみを込めて「けいきさん」と呼ばれる慶喜は、慶応3(1867)年に大政奉還を行い、翌年に江戸城が明け渡されると、家康が晩年を過ごした駿府に移り住み、晩年に都内に戻るまでの約30年を過ごした。

 政治から離れた慶喜は、駿府で写真、狩猟、囲碁…と趣味に没頭する生活を送った。自転車もその一つで、明治10~12年ごろ県内で初めて自転車を入手し、市内を走り回ったと伝わる。

 静岡市は坂が少なく、風も弱くて雪がほとんど降らないため、全国的にもめずらしいほど貸し自転車が普及し、庶民の利用も盛んだったという。こうした同市の自転車文化に、慶喜が与えた影響は大きい。

会員限定記事会員サービス詳細