蜷川幸雄80歳 埼玉に刻む足跡

(上)鋳物の町が生んだ演出家

蜷川幸雄さん(川峯千尋撮影)
蜷川幸雄さん(川峯千尋撮影)

 ■職人気質に影響受け

 川口市出身の演出家、蜷川幸雄さん(79)が15日、80歳の誕生日を迎える。世界的な活躍の一方で、彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市中央区)の芸術監督を務めるなど、故郷を大切にしてきた蜷川さん。同劇場での舞台稽古の合間に、川口への思いと、これからの芸術活動について聞いた。(川峯千尋)

 --蜷川少年はどんな子供でしたか

 勉強のできる野球少年。「ゆきちゃんはよく勉強ができる子」って地元では有名だった。荒川の水練場で水泳も習っていた。

 --野球のひいきは…

 これ言っちゃあまずいかな。巨人が負けると喜ぶ子だったね(笑)。

 --川口について

 荒川を渡って左方に公団アパートがあって、40歳ぐらいまではそこに住んでいた。子供のころは鋳物工場がいっぱいあって、俺の隣の4軒先がもう町工場。砂とほこりにまみれて、鉄を湯のように溶かすから、職人さんは泥だらけ。それで、ふんどし一丁で銭湯行って、汚れを落とす。荒くれた町だったね。

 --影響を受けた?

 一番は、言葉が直接的なことだね。工場じゃ火が飛んだりするから、間接的じゃ間に合わない。「危ねえぞ」「まぶたを閉じるな」とか。直接的なのは、自分の言葉にも演出にもあるだろうな。

 --思い出の場所は

 荒川の土手かな。戦時中、前橋の陸軍学校に親戚(しんせき)のお兄ちゃんが出征するんで、土手で親や親戚がずらっと並んで待っている。そうすると汽車がゆっくりと止まって、それで最後のお別れをして去っていく、あの光景かな。

 --今でも川口は懐かしい?

 赤羽から鉄橋を渡って埼玉に来ると、溶鉱炉があって火がボーッと上がってる。それを見ると、川口に帰ってきたなって感じがするね。

 --さいたま芸術劇場では今年、80歳を記念したアニバーサリー事業を展開しています

 タレントがよく誕生日会をやるのを見てて「恥ずかしいな」と思ってたから、いざ自分が祝ってもらうとなると恥ずかしい。でも、一人で演出家になった訳じゃないし、みんなが手伝ってくれたからここまでになれた。そう思うとやだやだとも言ってられなくて、恥ずかしいのをこらえながら祝っていただいています。

                   ◇

【プロフィル】蜷川幸雄

 にながわ・ゆきお 昭和10年10月15日、川口市生まれ。44年に「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビュー。55年、シェークスピアの代表作「マクベス」を日本の安土桃山時代に置き換えた「NINAGAWA・マクベス」の大胆な演出で世界に名をはせた。平成18年、彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督に就任。高齢者演劇集団「さいたまゴールド・シアター」、若手俳優育成プロジェクト「さいたまネクスト・シアター」を発足させた。21年県民栄誉章、22年文化勲章。

会員限定記事会員サービス詳細