笑顔をつなぐ

文美月(12)使われなくなったヘアアクセが雇用や奨学金に 「誰かの役に立つ」は変わらぬ思い

【笑顔をつなぐ】文美月(12)使われなくなったヘアアクセが雇用や奨学金に 「誰かの役に立つ」は変わらぬ思い
【笑顔をつなぐ】文美月(12)使われなくなったヘアアクセが雇用や奨学金に 「誰かの役に立つ」は変わらぬ思い
その他の写真を見る (1/2枚)

 1人でも多くの女性の笑顔を増やしたいと始めたCSR活動。文美月さん(45)は、その活動をさらに前に進めようとしている。

3度目の楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞

 実は全国から募り、リトルムーンに寄せられる、使われたヘアアクセは年間約4千点にも及びます。それが東南アジアの少女たちに寄贈していたのですが、困った事態も起きていました。

 それらの使用度や品質などはさまざまで、少女に渡したはずのヘアアクセが、その親たちによって転売しようとするケースがあったのです。そこで、品質が高く、使用度が少ないヘアアクセについては、いったんリトルムーンに取り置き、一部を、現地で支援してくれる人たちを通して販売してもらう仕組みを考え出したのです。

 これを通せば、手伝ってくれる人たちに労働の対価としての支払いができたり、一部を少女たちへの奨学金に回したりすることが可能になると考えたからです。平成25年後半からこの仕組みに取り組んでおり、今後のCSRの活動の柱にしたいと考えています。

 こうしたことが評価され、25年の楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー「CSR賞」を受賞。受賞式では「笑顔の橋渡し役をしただけで、活動に参加してくれた人たちと一緒に受賞した」と強く感じました。

会員限定記事会員サービス詳細