動画

「近大みかん」「高校生栽培のお米セット」「シーンを贈る」…百貨店のお歳暮商戦スタート こだわりの品アピール

【動画】「近大みかん」「高校生栽培のお米セット」「シーンを贈る」…百貨店のお歳暮商戦スタート こだわりの品アピール
【動画】「近大みかん」「高校生栽培のお米セット」「シーンを贈る」…百貨店のお歳暮商戦スタート こだわりの品アピール
その他の写真を見る (1/2枚)

 近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)と高島屋大阪店(同市中央区)で14日、お歳暮商品の受け付けが始まり、関西での商戦が本格スタート。各社はこだわりの商品をそろえ、上質感や希少性などをアピールする。

 日本一の超高層ビル「あべのハルカス」に入る近鉄百本店は出陣式で、法被姿の社員ら約15人が「笑顔でがんばろう」と気勢を上げた。ハルカスの開業効果が一服し、近鉄百は平成28年2月期の連結売上高見通しを従来予想から40億円減の2710億円に下方修正しており、お歳暮商戦を反転攻勢につなげる考えだ。

 作り手のこだわりや素材の厳選を意識し、近畿大農学部の学生が栽培した「近大みかん」(5400円)、農業高校の全国コンテストで最高金賞を受賞した岐阜県立飛騨高山高校の学生が特別栽培したお米セット(4860円)など約2千点をそろえた。

会員限定記事会員サービス詳細