マイナンバー汚職

厚労省の捜索開始、警視庁

マイナンバー汚職で厚生労働省に捜索に入る警視庁の捜査員=14日午前、東京・霞が関(宮川浩和撮影)
マイナンバー汚職で厚生労働省に捜索に入る警視庁の捜査員=14日午前、東京・霞が関(宮川浩和撮影)

 マイナンバー制度導入に絡み、収賄容疑で厚生労働省室長補佐、中安一幸容疑者(45)が逮捕された事件で、警視庁捜査2課は14日午前、東京・霞が関の厚生労働省の家宅捜索を始めた。

 同課は現金の授受に至った経緯など癒着の実態解明を進める。

 中安容疑者は平成23年11月、マイナンバー制度の準備段階のシステム研究事業2件で、IT関連会社が受注できるよう便宜を図った見返りに、当時の社長から現金100万円を受け取ったとしている。