世界記憶遺産

公明・山口代表もユネスコに苦言 「中立的な運営が大切」「制度のあり方検討を」

公明党の山口那津男代表
公明党の山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は13日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、中国が登録申請していた「南京大虐殺文書」を記憶遺産に登録したことに関して「この制度のあり方について中立的な運営を行うことが大切だ」と指摘した。訪中前に羽田空港で記者団に語った。

 その上で、山口氏は「記憶遺産の制度のあり方について、もっと検討すべきだ。わが国としてもそのことをユネスコに強く要求すべきだ」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細