世界記憶遺産

馳文科相「非常に残念。教育現場での取り扱い慎重にならざるを得ない」

 馳浩文部科学相は13日の閣議後会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺文書」が登録されたことについて、「非常に残念。事実関係について(当事者国)双方の事実認識が違う場合、事務局側が公平中立な立場で対処することが重要」と述べた。

 今回の記憶遺産登録をめぐり、事実関係について日本側が意見を表明する機会がなかったことに触れ、「レフェリー役である(ユネスコの)事務局が双方の意見を聞き、事実を確認した上で対処するのが当然だが、残念ながらそのような対応ではなかった」と話した。

 また、国際機関のお墨付きが得られたことによる国内の教育現場への影響について「(現段階で)登録されたことを教育現場で取り扱うのは慎重にならざるを得ない」と述べた。

 ユネスコに日本が拠出している分担金の一時凍結など、協力体制見直しの検討の声が上がっていることに関しては「分担金は国民の税金。国民が納得できるような(登録)手続きの透明性、このことを踏まえて対処すべきで、外務省、最終的には菅(義偉)官房長官と足並みをそろえたい」と述べるにとどめた。

会員限定記事会員サービス詳細