きょうの人

ボディビル選手権6連覇 鈴木雅さん(34)「心の方が鍛えられ、精神的に強くなった」

【きょうの人】ボディビル選手権6連覇 鈴木雅さん(34)「心の方が鍛えられ、精神的に強くなった」
【きょうの人】ボディビル選手権6連覇 鈴木雅さん(34)「心の方が鍛えられ、精神的に強くなった」
その他の写真を見る (1/6枚)

 ボディービルの日本一ミスター日本を決める「第61回男子日本ボディビル選手権大会」で6連覇を果たした。

 「ボディービルは大会前の調整で80、90は決まっています。やることをやっていればそれで負けてもいいと、自分でしっかりとベストを出すことが大事だと思っています」。ゴールデンボーイの異名を持ち、国内には敵なしの強さだ。

 福島市出身。両親や兄が住んでいるが、なかなか地元に帰ることができず、申し訳なく感じているという。それでも忙しい合間を縫って、福島のボディービル大会のゲスト出演をしたり、仙台でセミナーに参加するなど、東北に足を運んでいる。

 「震災や原発事故があってから、より家族のことを思うようになった。地元のトレーニング仲間の頑張りは自分の発奮材料になっています。いつでも何か力になりたいと思っているので、自分が頑張っているということを少しでも伝えていきたい」

 トレーニングを始めたのは帝京大学文学部心理学科3年生のころで、心理学の実習などで精神的に落ち込んでいたが、トレーニングで救われた。体重も50キロだったが、やればやるほど体が変わっていくことに面白さを感じ、トレーニングの魅力にはまっていった。

会員限定記事会員サービス詳細