関西の議論

徳島の盲導犬と飼い主、無念の事故死 バック警報音「どうして義務づけないのか」…法令の死角

高まる「警報音の義務化」を求める声

 育てる会の杉井事務局長は「障害者にやさしい社会を求め続けた彼の思い、彼の死を無駄にしないよう、バックする際は警報音声や警報音を鳴らすことを義務化するべきだ」と訴える。

 国土交通省自動車局技術政策課によると、車の安全に関する基準を示した法令「道路運送車両の保安基準」で「クラクションと紛らわしいものを備えてはならない」と記載。ただし、歩行者らへの警報や盗難防止などの装置については「この限りではない」としている。法令の禁止事項の適用除外となっているが、義務化はされていない。このため、自動車メーカーが事故防止を目的に自主的に装備をつけている。

 国交省は「運転者、歩行者双方が注意すべきこと」とし、「安全基準は過去の事故例を分析し、効果の高いものから安全基準に盛り込んでいる」とするが、今回の事故のような盲導犬を連れた視覚障害者らまで想定していないのが現状だ。

 事故を起こしたトラックのメーカーによると、すべてのトラックに警報音声などを装備。ただ、住宅密集地などに配慮する事業者の要望から、スイッチでの切り替え式が採用されているという。

会員限定記事会員サービス詳細