【酒井充の野党ウオッチ】毎日新聞世論調査室長のご指摘に反論する そちらこそ安保法案反対デモを過大評価しすぎではないか?(1/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

酒井充の野党ウオッチ

毎日新聞世論調査室長のご指摘に反論する そちらこそ安保法案反対デモを過大評価しすぎではないか?

【酒井充の野党ウオッチ】毎日新聞世論調査室長のご指摘に反論する そちらこそ安保法案反対デモを過大評価しすぎではないか?
【酒井充の野党ウオッチ】毎日新聞世論調査室長のご指摘に反論する そちらこそ安保法案反対デモを過大評価しすぎではないか?
その他の写真を見る (1/7枚)

 安全保障関連法案の成立が迫っていた9月17日、毎日新聞はインターネットのサイト上に世論調査室長・平田崇浩氏の署名入りで「産経世論調査:安保法案反対デモの評価をゆがめるな」と題した記事を掲載した。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が9月12、13両日に実施した合同世論調査で「安保法案に反対する集会やデモに参加したことがあるか」を尋ねた結果について、産経の同15日付朝刊で「ある」が「3・4%にとどまった」と書いたことなどを批判する内容だった。「野党ウオッチ」の表題とは離れるが、「とても世論調査分析とは呼べないもの」との指摘を受けた以上、きちんと反論しておきたい。

 平田氏は、「安倍政権の応援団として、全国に広がる安保法案反対デモが気に入らないのはよく分かる。『毎日新聞や朝日新聞はデモを大きく扱っているが、デモに参加しているのはたった3・4%にすぎない』と言いたいのだろう」と書いた。

 毎日新聞が、安保法成立が気に入らないのはよく分かる。連日のように安保関連法案反対のデモを取り上げ、世の中の大半が法案に反対かのような記事を大々的に書いてきたのだから、安保法成立が秒読み段階となり、よほど無力感が漂い、悔しかったのだろう。

 推測するは自由だが、少なくとも私は「安倍政権の応援団」との自覚はない。安倍晋三首相が取り組んでいることを私なりに取材して記事を書き、同様に現在は野党担当記者として「おかしいなあ」と思うことが多い民主党など野党の動きを率直に書いているだけである。毎日新聞は「反安倍政権の応援団」なのかもしれないが、私は「安倍政権の応援団」などという矮小化したレベルで記事を書いていない。