【関西の議論】京都観光、中韓訪日客の急増で「異常事態」 〝爆バス〟年がら年中「違法駐車」の嵐!?  (1/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

関西の議論

京都観光、中韓訪日客の急増で「異常事態」 〝爆バス〟年がら年中「違法駐車」の嵐!?  

【関西の議論】京都観光、中韓訪日客の急増で「異常事態」 〝爆バス〟年がら年中「違法駐車」の嵐!?  
【関西の議論】京都観光、中韓訪日客の急増で「異常事態」 〝爆バス〟年がら年中「違法駐車」の嵐!?  
その他の写真を見る (1/3枚)

 多くの観光客が訪れる観光スポットとしても知られる浄土宗の総本山、知恩院(京都市東山区)で、難題が持ち上がっている。国宝の三門前から黒門前の約250メートルの駐車禁止の市道に駐車する観光バスが相次いでいるのだ。急増する外国人観光客を乗せたバスに従来の駐車場だけで対応できなくなったことが背景にある。知恩院周辺のバス渋滞はこれまで春と秋の観光シーズン限定の現象だったが、今年から「オン・オフシーズン通じてみられる現象」になったという。公道に列をなすバスの間を縫うように歩く観光客が事故に巻き込まれる危険があるのに加え、地域住民からも苦情が相次ぎ、地元の京都府警東山署が一斉取り締まりに乗り出す事態に発展した。駐車場の整備は観光客の急増ペースに全く追いついておらず、今回の問題は知恩院周辺にとどまらず、京都観光全体に突きつけられた課題といえそうだ。(北崎諒子)

今年に入ってから急増

 知恩院によると、路上駐車の観光バスが増えだしたのは今年に入ってからだ。

 知恩院の三門前にはもともと、ツアー客用に知恩院が民間会社に委託し、大型バスが13台収容できるバス専用駐車場(2時間ごとに2500円)がある。例年、春や秋の観光シーズンは連日満車状態で入庫待ちの観光バスの列が三門・黒門間の市道に並び、オフシーズンになればほぼ収まる-というサイクルだったが、今年は事情が異なる。

 今年に入ってからほぼ絶えることなく、バス渋滞が慢性化しているという。

 原因は、はっきりしている。観光客が乗る大型バスをとめる駐車場が不足しているのだ。