柴田錬三郎賞に中島京子さんの『かたづの!』

 第28回柴田錬三郎賞(集英社主催)は1日、中島京子さん(51)の『かたづの!』(集英社刊)に決まった。賞金は300万円。贈賞式は11月20日、東京都千代田区の帝国ホテル東京で。

 『かたづの!』は八戸南部氏20代当主の妻で、夫の死後に家督を継いで女大名となった祢々(ねね)を主人公にした歴史小説。祢々のそばに寄り添い、死んだ後も秘宝「片角」として彼女を助ける一本角のカモシカを語り手とするなど、独特の物語世界を作り上げている。

会員限定記事会員サービス詳細