インターネット通信量53%増、過去最高の伸び Wi-Fi経由で急増

 国内のインターネット通信量(受信時)は5月平均で前年同月比53.5%増の毎秒4.4テラ(テラは1兆)ビットに達し、過去最高の伸び率だったことが総務省の推計で29日、分かった。官公庁や企業が公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」装置を積極的に設置したことなどで、オフロードと呼ばれるスマートフォンから固定通信網へのデータ量が急増したためとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細