今年の流行語に! 波瑠「びっくりぽん」で殻を破る 朝ドラ『あさが来た』ヒロイン役でクールな美女から変身

今年の流行語に! 波瑠「びっくりぽん」で殻を破る 朝ドラ『あさが来た』ヒロイン役でクールな美女から変身
今年の流行語に! 波瑠「びっくりぽん」で殻を破る 朝ドラ『あさが来た』ヒロイン役でクールな美女から変身
その他の写真を見る (1/3枚)

 28日スタートのNHK連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜:午前8・0/午後0・45)のヒロインに抜てきされた女優、波瑠(24)が奮闘中だ。豪胆な女性実業家役で、自身のクールなイメージとは対照的なおてんば娘を体当たりで演じている。4度目の朝ドラヒロインオーディションで女優デビュー10年目で射止めた大役に「殻を破りたいです」と宣言。役同様、負けん気の強さが持ち味の実力派女優が、日本の朝に元気を届ける!(文・宮越大輔、写真・寺河内美奈)

ヒロインのモデルは九転十起の女…“明治の女傑”実業家・広岡浅子

 撮影開始から約4カ月、ハードなスケジュールで知られる朝ドラの洗礼を受けている。

 「民放の連ドラであれば1クール撮り終わっているぐらいですが、まだ折り返してもいない。長丁場だなっていうのを改めて感じています」

 経験したことのない仕事量に驚きを隠せない波瑠だが、その言葉の端々にはヒロインを演じる喜びがにじみ出ていた。

 「あさが来た」は、京都の豪商の次女・今井あさが、大阪で銀行や生命保険会社など次々に事業を立ち上げ、日本初の女子大設立に尽力する姿を描く。明治の女傑といわれた実業家・広岡浅子がモデルで、負けん気が強く、好奇心旺盛なおてんば娘という役だ。

 自身との共通点について「私も子供のころは男の子と外で遊んでいる方が好きでした」と語るが、夫役の玉木宏(35)、姉役の宮崎あおい(29)からは「おしとやか」と言われたといい、「けっこう鈍臭いと思うんですけどね。クールに見られがちです」と苦笑いする。

 それでもあさ同様、負けず嫌いな性格が波瑠の最大の武器だ。朝ドラは「てっぱん」(10年)、「純と愛」(12年)、「あまちゃん」(13年)のオーディションを受けて落選してきたが、「自分を発揮できなかったという悔しさ」をバネに再びトライ。4度目の正直でヒロインの座をつかんだ。

会員限定記事会員サービス詳細