日韓首脳が数分間の立ち話「日中韓サミットが楽しみ」

 【ニューヨーク=桑原雄尚】国連総会出席のため米ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相は27日昼(日本時間28日未明)、国連本部で開かれた気候変動問題の首脳会合の直前に韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領と数分間立ち話をした。10月末にも韓国・ソウルで開催する日中韓首脳会談が話題になった。会合終了後に加藤勝信官房副長官が記者団に明らかにした。

 首相が会合直前の待合室で朴氏に近づき「日中韓サミットを楽しみにしている」と声をかけると、朴氏は「ソウルでお会いできることを楽しみにしている」と応じ、笑顔を見せた。

 首相は、朴氏が9月2日に中国・北京で習氏と会談したことに関し「会談の成功をお祝いします」と述べたほか、朴氏が10月に訪米することにも触れ「成功をお祈りしています」と伝えた。朴氏は「カムサハムニダ(ありがとうございます)」と答えた。同じ会合には中国の習近平国家主席も出席していたが、首相との接触はなかった。