あの人の本

「北半球一の性都」と言われた中国・東莞市の栄枯盛衰…『中国 狂乱の「歓楽街」』 著者の富坂聰氏が見た驚愕の実態は…

【あの人の本】「北半球一の性都」と言われた中国・東莞市の栄枯盛衰…『中国 狂乱の「歓楽街」』 著者の富坂聰氏が見た驚愕の実態は…
【あの人の本】「北半球一の性都」と言われた中国・東莞市の栄枯盛衰…『中国 狂乱の「歓楽街」』 著者の富坂聰氏が見た驚愕の実態は…
その他の写真を見る (1/2枚)

 北半球一の性都の異名を持つ中国南部・広東省の東莞(とうかん)市。栄華を極めたこの大歓楽街に対し、中国当局は昨年2月に大規模な摘発を断行。性産業は壊滅的打撃を受け、全土に衝撃が走った。原則として売春が禁止され、性全般への縛りも厳しい中国で「性都」がどうして形成され、また摘発の背景には何があるのか。この事件を軸に現代中国の下半身に迫るノンフィクション『中国 狂乱の「歓楽街」』(KADOKAWA・1200円+税)を刊行したジャーナリストで拓殖大教授の富坂聰(さとし)さんに話を聞いた。(磨井慎吾)

伝説の「東莞の36時間」

 2014年2月9日午後の東莞市。春節(旧正月)の余韻が残る南方の都市の緩い空気が一変した。市内に多数あるホテルやカラオケなどの売春施設を6000人以上の公安(警察)が急襲。直後にテレビカメラも続き、肌も露わな大勢の若い女性が拘束される現場は全土に放映された。手入れは広東省全域に及び、摘発された性風俗施設は約1万8000カ所。業者ら920人が逮捕された。後に巷間で「東莞の36時間」として語りぐさになるほどの大捕物だった。

 「東莞はチャイナウォッチャーである私も知らない間に北半球一の歓楽街と自負するほどに急膨張し、急速にしぼんでしまった。ウォッチャーとしてうっかりしていたという反省も込めて、一度、性風俗という視点から中国を見てみたかったというのが執筆のきっかけですね」

会員限定記事会員サービス詳細