速報

速報

眞子さまご結婚 「小室眞子さん」に

舞台「No.9-不滅の旋律-」 混沌の時代、「歓喜」への道 中島かずき+加藤和樹

人気劇作家で「NHKの大河ドラマを書いてみたい」と話す中島かずき(右)と「いつか劇団☆新感線の舞台に出たい」という加藤和樹(野村成次撮影)
人気劇作家で「NHKの大河ドラマを書いてみたい」と話す中島かずき(右)と「いつか劇団☆新感線の舞台に出たい」という加藤和樹(野村成次撮影)

 大作曲家、ベートーベンが「第九」として知られる交響曲第9番の「歓喜の歌」を作った経緯が「No.9-不滅の旋律-」として舞台になる。劇団☆新感線の座付き作家、中島かずき(56)が脚本を担当、政治に翻弄された19世紀当時のウィーンの人々の思いは「現代にも通じるものがある」という。ミュージシャンでもある加藤和樹(30)がベートーベンの弟役で出演、楽聖に思いをはせる。(藤沢志穂子)

 脚本は、中島が史実をもとに一部フィクションを交えて書き下ろした。舞台は1800年以降のウィーン。フランス革命後の欧州でナポレオンが勢力を拡大、失脚後の激動の時代までを背景に市井の人々を描く。演出は白井晃。

 ベートーベン(稲垣吾郎)は難聴に冒され、身分違いの恋人、ヨゼフィーネ(高岡早紀)との関係にも悩む。その中で出会ったピアノ工房のマリア(大島優子)、その姉のピアノ製造者、ナネッテ(マイコ)や弟のニコラウス(加藤)らを支えに真の芸術を追い求め、「歓喜の歌」を書く。