川島なお美さん死去

「大丈夫だから、そう書いて」10年来の付き合い、芸能記者が知る気さくな人柄

 長く芸能記者の仕事をしてきて、今回のニュースほどショックだったことはない。

 川島さんとの付き合いは、愛犬家の彼女が子犬服のブランドを立ち上げる記事を書いてから、10年近くになる。

 楽屋ではいつも笑顔で迎えてくれて、「どう、彼女とはうまくいっているの?」など、たわいもない会話で緊張をほぐしてくれた。失礼ながら「大御所の女優さんだし、もっと取っつきにくい人だと思っていた」と言ったこともある。彼女は「私、思っていることをハッキリ言っちゃうから、誤解されやすいのよ」とケラケラ笑っていた。とても気さくな人だった。

 2007年に鎧塚俊彦氏と婚約する際は「今度、私、結婚するの。書いてくれない?」と教えてくれた。09年にグルメ披露宴を挙げる前には「すごい披露宴ですね」と驚く私を、「何言ってるの? 来てよ」と招待してくれた。いつも可愛がってくれて、感謝しても感謝しきれない。

会員限定記事会員サービス詳細