原子力規制委発足3年

田中委員長単独インタビュー 「初心忘れずにやる」「政治圧力は感じないことにしている」 

「規制委が判断するのが大事」

 --新規制基準の適合性審査は公平、効率的といえるか。審査の過程で反省すべきことはないか。例えば、専門家を交えてなぜ議論しないのか

 「言うは易しで、なかなか難しい。それだけ立派な専門家がわが国にどれだけいるか。専門家が判断できるかといったら、決定的な判断はできない。うち(規制委、規制庁)は専門家ではないと言ったら、そうではない。(審査では)いろいろな議論が出て、争いがある。それは最終的にセーフティーサイド(安全側)にいかなくてはいけない。事業者にとって、非常にコストがかかるという問題があるが、それは仕方がないことで、そのことで遠慮してはいけない」

 --専門家を含めて、規制委の判断の中立性を担保すべきではないか

 「それが間違いのもと。(廃止された)原子力安全委員会は、そこで判断せず、非常勤などの審査部隊でやったが、自分の責任のない人は、言いっぱなしで終わった。最終的には、規制委が判断するのが大事。どうしても納得できなければ、行政訴訟でも何でもやればいい。そこを日本的に、『まあまあ』『なあなあ』ではいかない。規制する方がうれしくて厳しくやっているわけではない。規制する方が強いというのは決まっている」

会員限定記事会員サービス詳細