関西の議論

政府説明は「全部うそ」…反原発派沸かせた小泉節 1時間立ちっぱなしの熱弁、批判の矛先は安倍首相にも

【関西の議論】政府説明は「全部うそ」…反原発派沸かせた小泉節 1時間立ちっぱなしの熱弁、批判の矛先は安倍首相にも
【関西の議論】政府説明は「全部うそ」…反原発派沸かせた小泉節 1時間立ちっぱなしの熱弁、批判の矛先は安倍首相にも
その他の写真を見る (1/5枚)

 東京電力福島第1原発事故後、脱原発社会を掲げ、講演活動を続けている小泉純一郎元首相(73)。松山市内のホテルで16日にあった講演会でも脱原発の持論を展開した。政府や電力会社が説明する原発の安全性やコストの安さについて「全部うそ」と痛烈に批判。一方で、「ピンチをチャンスに変えるべきだ。日本は原発ゼロでやっていける」と政府が脱原発に舵を切るよう訴えた。1時間以上立ちっぱなしで、約600人を前に熱弁をふるった元首相。首相在任中の原発推進から立場は変わったが、小泉節は健在だった。

原発神話「全部うそ」

 「松山空港から会場まで天ぷら油の廃油で走る車で来た。天ぷら油で車が走ってしまう。たいしたものだ。まさにバイオだ」

 講演のつかみでこう語りかけた小泉元首相。その後も、簡潔で明快な言葉を巧みに使う独特のフレーズで参加者の関心を引き寄せた。

 政府や電力会社などが説明する原発の安全性や環境への配慮、コストの安さという優位性については「全部うそ」とばっさり。「一度事故が起きれば取り返しがつかない。環境や農産物、故郷なども…。損害賠償などに多額の税金が投入される」と訴えた。

 電力会社の体質にも触れ、「電力会社は原発を動かせば損はしない。コストに上乗せして電気料金を決めていた。電力自由化が始まると、原発が一番安い電力でなくなる」と述べた。