経済インサイド

中国経済最前線を視察する大学生を同行ルポ 産業ロボの需要拡大 日本のソフトパワーを改めて実感

 産業用ロボットのハードとソフト、日中関係や外交のハードとソフト。意味合いは少し異なれども、日本の持つ「ソフトパワー」を強みとして認識し、弱点を補いながら磨きをかけて、中国との関わりの中でいかに応用していくか、といった共通性もある。

 アニメなど中国でも人気の高い日本のサブカルチャーと並んで、安川電機のドライアイスを使った金属表面の洗浄など、環境汚染のない最先端の技術やノウハウもパワーを発揮するだろう。学生たちが中国での研修経験を将来にどう生かしていくか。その成果を見守りたい。(河崎真澄)

会員限定記事会員サービス詳細