米粉製品で小麦アレルギー発症 適正な表示と確認が必要

小麦アレルギー注意表示
小麦アレルギー注意表示

 米粉を利用した製品が増える中、小麦成分の入った米粉製品を誤って食べるなどしてアレルギーを発症する事故が増えている。表示の欠落や誤り、消費者の確認不十分などが原因だ。消費者庁は、事業者には管理の徹底と適正な表示を、消費者には表示の確認など注意を呼び掛けている。(平沢裕子)

 ◆「含まない」と誤解

 消費者庁の事故情報データバンクには、食物アレルギーの人がアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が入っていないと思って食べてアナフィラキシー(重症のアレルギー症状)を起こしたといった事故情報が平成22年から26年4月末までに約220件寄せられている。米粉製品のケースでは、表示を確認せずに小麦が含まれないと誤解したり、小麦粉の表示が欠落した商品を食べたりしたことでアナフィラキシーとなった事例も報告されている。

 NPO法人「アトピッ子地球の子ネットワーク」(東京都新宿区)が運営するアレルギー表示に関する食品回収情報サイト「食物アレルギー危機管理情報」では、表示内容の欠落などによる米粉製品の回収は26年までは年に0~2件だったが、今年は6月までですでに4件報告された。