℃-ute、メキシコでマスカラスと合体!高地ライブで酸欠寸前

 ライブでは全力疾走。メキシコ市は標高2240メートルで酸素濃度が地上の約4分の3という過酷な環境だが、酸素ボンベを使用しながら新曲「我武者LIFE」など20曲を熱唱した。リーダーの矢島舞美(23)は「体力の消耗が早く、足が上がらなくなってきた」と酸欠寸前の状態だったが、声援に支えられ完走した。

 矢島は「もっと体力を付けなきゃ。いろいろな場所でライブがしたい」。師匠の教えを胸に、さらなる世界進出を目指していく。

会員限定記事会員サービス詳細