プロが指南 就活の極意

面接日の変更を許さない企業が続出 優秀な学生の奪い合いは激化の一途

 効率よく就職活動を行い、大企業から内定を獲得したいと考えている学生は多い。そしてその気持ちは理解できる。しかし、大企業では厳しい倍率をくぐり抜けることが必要になることは既に述べた。内定を獲得するために膨大な時間と手間がかかる。時間と手間が「かかる」というより「かかってしまう」と表現するのが正しいかもしれない。なぜなら、手当たり次第に人気企業にエントリーして選考を受けているだけの学生が多いからだ。1社だけでも企業のことを調べるには相当の時間がかかる。それを手当たり次第に数十社、百数十社の企業に応募すると、1社のことを調べるには相当の時間がかかってしまうのだ。

 そのような状況を防ぐためにも、早期から就職活動の準備をし、自分に合った企業探しをすることを心掛けてほしい。自身の理想を追求するのも大切だが、就職活動を現実的に捉えることも必要だ。(「内定塾」塾長 齋藤弘透)

会員限定記事会員サービス詳細