韓国と友好を…兵庫県知事ら140人が訪問 国交正常化50周年、20日から

 兵庫県は、日韓国交正常化50周年を記念し、井戸敏三知事をはじめ経済関係者や国際交流団体のメンバーら約140人で「県友好訪問団」を編成し、20~22日の日程で韓国を訪問する。

 県によると、県と韓国の慶尚南道は平成24年に「友好交流に関する合意書」を締結。以降、訪問団の相互派遣や中学生のサッカー交流などを続けてきた。今年1月には、慶尚南道の知事が県内を訪れ、井戸知事を表敬訪問していた。

 訪問団は今回、慶尚南道昌原(チャンウォン)市と釜山広域市を訪れる。期間中は両知事が今後の交流に向けた協議を行うほか、歓迎記念行事も開かれる。

会員限定記事会員サービス詳細