シネマの華・動画付き

元AKBの冨手麻妙が露出度高い衣装で「ムダだに!」 大河、連ドラを経て、凄まじい妖気…

【シネマの華・動画付き】元AKBの冨手麻妙が露出度高い衣装で「ムダだに!」 大河、連ドラを経て、凄まじい妖気…
【シネマの華・動画付き】元AKBの冨手麻妙が露出度高い衣装で「ムダだに!」 大河、連ドラを経て、凄まじい妖気…
その他の写真を見る (1/4枚)

 「最終戦争を始めるんだに!」-。

 9月4日に公開された「映画 みんな!エスパーだよ!」(園子温監督)で、パンツ丸見えのエロコスチュームに身を包んだ敵エスパーを演じたのが、冨手麻妙(とみて・あみ)だ。

 平成6年、神奈川県出身。グラマラスな身体と澄んだ大きな瞳が魅力だ。AKB48の研究生として活動した後、舞台「LOVE FAIRY」(23年)をはじめ、NHK大河ドラマ「八重の桜」(25年)、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(26年)、映画「新宿スワン」(27年)など、幅広い活躍を見せている。

 今回の役どころは、染谷将太ら正義のエスパーたちに対抗する百合好きの女子高生エスパー、神谷秋子。人のコピーを作り出し、自由自在に操る能力を持つ。平たく言えば、「おバカ映画」のお色気ムンムンな敵役だ。

 舞台は愛知県豊橋市なので、神谷は女子高生を捕まえ、なでさすりながら、「かわいい~。たまらんやあ」と三河弁で身もだえしたりして、初めは苦笑してしまう。しかし、神谷の能力によって街の人々がみんな下着姿であっはんうっふん状態となった中、薄笑いを浮かべながら彼女が歩いていく場面では、全身からすさまじい妖気を発散していて、うならされる。

会員限定記事会員サービス詳細