北朝鮮拉致

曽我ひとみさんが語るいまだ帰らぬ母への思い(中) 「母の年齢を考えると長くは待てません」 「北では白い米など見たことがない」

【北朝鮮拉致】曽我ひとみさんが語るいまだ帰らぬ母への思い(中) 「母の年齢を考えると長くは待てません」 「北では白い米など見たことがない」
【北朝鮮拉致】曽我ひとみさんが語るいまだ帰らぬ母への思い(中) 「母の年齢を考えると長くは待てません」 「北では白い米など見たことがない」
その他の写真を見る (1/3枚)

 拉致された状況に続き、母・ミヨシさん(83)=拉致当時(46)=との思い出を切々と語った拉致被害者の曽我ひとみさん(56)。話は、日本では考えられない過酷な北朝鮮での生活にまで及んだ。=(上)から続く

母のいなくなった時の年を超えてしまった私

 あのころの母は毎日どんな気持ちでいたのだろうと、思うことがあります。生活に追われ、働きづめの毎日で、おしゃれの一つもできなかった。集落の付き合いや、職場の付き合いなどもあっただろうに、数えるくらいしか出かけることもなかったと聞きました。そのせいばかりではないのでしょうが、私の知る限りでは、母の写真は両手で数えられるぐらいしか残っていません。

 今、私は母のいなくなった年の年齢をとうに超してしまいました。今の私なら母のわがままを受け止めることができると思います。だから母にはあのとき言えなかった愚痴をこぼしてもらい、本当の気持ちを話してほしいと思っています。母が帰ってきたら、やりたいことを好きなだけやらせてあげたい。洋服もたくさん買っておしゃれをして、いっぱい旅行に出かけてもらいたい。そして家族みんなと笑い声の絶えない楽しい生活を存分に味わってもらいたいと未来に希望を持っています。

会員限定記事会員サービス詳細