イスラム教聖地でクレーン倒壊 100人超死亡 サウジアラビア

 【カイロ=大内清】サウジアラビア西部メッカで11日、イスラム教の聖地カーバ神殿のある大モスクに建設用の巨大クレーンが倒壊する事故があり、サウジ当局によると少なくとも107人が死亡、約240人が負傷した。サウジ国営通信によれば、サウジ当局者は、メッカ周辺で発生していた強い風雨が事故の原因だと説明している。

 同モスクは、すべてのイスラム教徒が一生に一度は訪れることが望ましいとされるメッカ巡礼の中心的存在。今月下旬には世界各地から数百万人が集まる大巡礼(ハッジ)を控えている。

会員限定記事会員サービス詳細