【世界文化賞】横尾忠則さん「遺作のつもりで描いていきたい」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

世界文化賞

横尾忠則さん「遺作のつもりで描いていきたい」

受賞者発表記者会見に出席した絵画部門受賞の横尾忠則氏(右から2人目)=10日、千代田区内幸町(大西正純撮影)
受賞者発表記者会見に出席した絵画部門受賞の横尾忠則氏(右から2人目)=10日、千代田区内幸町(大西正純撮影)

 「10代で経験し思索した記憶をたぐり寄せ、そこからイメージを拾いあげていった」。東京都内で10日に行われた第27回世界文化賞受賞者発表会見には、絵画部門に選ばれた画家、横尾忠則さん(79)も出席し自らの歩みに思いをはせた。

 戦時に少年期を過ごし、上空を爆撃機が飛び交う恐怖を体験した横尾さん。当時の「常に死と結びついているという不安」が、生と死が往還する独特な絵画表現の底にあるという。最近突然耳の聞こえが悪くなったことも明かし「残された時間はそんなに長くないと思うので、これからは一作一作、遺作のつもりで描いていきたい」と決意を語った。

 会見には、横尾さんと親交の深い第13回世界文化賞(絵画部門)受賞者の李禹煥(リ・ウファン)さん(79)も同席。「不安感やおびえがあると同時に不思議なエクスタシーを感じる。魂に訴え、深いところをうつ力を持っている」。李さんは横尾作品の魅力をそう熱っぽく語った上で、「遺作と言わず、どんどんと深い泉を掘り起こして、世界のアーティストとして大きな展開をしてほしい」と激励した。