日系損保、「再保険」市場トップ10に3社 収益源多角化狙う

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスが英アムリンの買収を決めたことで、日本の3メガ損保が世界の再保険市場の中心である英ロイズ市場のトップ10に顔をそろえることになった。保険会社の保険にあたる「再保険」分野は収益性が比較的高く、地震や水害など多くの自然災害リスクを抱える日本の損保にとって、魅力的に映る。

 MS&ADの柄沢康喜社長は8日の記者会見で「ロイズ市場は上位にいることで初めて、発言力を持てる」と述べ、アムリン買収による価格支配力の向上に強い期待感を示した。MS&ADは2000年、自らロイズ市場に参加。ただ、14年の収入保険料で比較すると、ロイズに参加する約90団体の中で、同社は26位にとどまっており苦戦していた。2位のアムリンを傘下に取り込むことで、他の有力メンバーをごぼう抜きする。

 他の日系損保もM&Aによってロイズ市場での存在感を高めてきている。08年に英キルンを傘下に収めた東京海上ホールディングスは5位、また、14年に英キャノピアスを買収した損保ジャパン日本興亜ホールディングスは9位にそれぞれランクインした。

 国内損保業界は、約6割を自動車保険が占めるため、業績は新車販売台数に大きく左右される。現在は保険料率の改定などで収益は改善傾向にあるが、「車離れで大きな伸びが期待できない」(大手損保幹部)のが実情で、各社は危機感を強めている。

 このため、収益源の多角化を進めており、高い専門性が求められ参入障壁が高い再保険分野を海外M&Aで手に入れている格好だ。

会員限定記事会員サービス詳細