速報

速報

眞子さまご結婚 「小室眞子さん」に

ZOOM

東日本大震災4年半 スタジオからフィールド

【ZOOM】東日本大震災4年半 スタジオからフィールド
【ZOOM】東日本大震災4年半 スタジオからフィールド
その他の写真を見る (1/2枚)

 ■身近な「ラジオ」前面

 東日本大震災から間もなく4年半。ラジオ局が、スタジオの外に出向いて震災の記憶を伝える取り組みが目立っている。イベントで防災を呼び掛けたり、コンサートを通じて東北の声を届けたりと、各局は震災で再注目されたリスナーとの「近さ」を生かそうとしている。(三品貴志)

 AMラジオのニッポン放送は5日、東京都渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスで、特別番組「ラジオで安心 みんなの防災 2015」の公開生放送を行った。会場にはステージのほか、地震体験車や防災関連の展示コーナーも設けられ、多くのリスナーが訪れた。

 同局は開局60周年を迎えた昨年から、防災の日のある9月にこのイベントを開いている。伊沢尚記広報室長は「東日本大震災後、災害時にラジオの果たす役割を見つめ直したことがきっかけの一つだ」と明かす。

 特番では、タレントの関根勤さんがパーソナリティーを務め、アイドルグループ「さんみゅ~」が防災ソングを披露するなど娯楽色も濃い。伊沢室長は「防災というと堅いイメージがあるが、ラジオの親しみやすさを生かし、楽しみながら災害への心構えを持ってもらえたら」と話す。