産経女子特区

リケジョ(下)その呼び方…性差別を助長する?

【産経女子特区】リケジョ(下)その呼び方…性差別を助長する?
【産経女子特区】リケジョ(下)その呼び方…性差別を助長する?
その他の写真を見る (1/3枚)

 理系の女性を意味する「リケジョ」。海外と比べて日本の女性の研究者の数が少ないことから、政府や産業界からも「リケジョ」を増やそうという動きが活発化している。(下)では、当のリケジョがどう感じているか。現実と本音に迫る。

現場の多数が肯定的だが…

 「リケジョ」と呼ばれる本人たちはどのように感じているのか。現場の声を聞いた。

 「草食男子などと同じで一過性のブームだろうが、理系女性が世間に認知された」というのはプログラマー(40)。「昔は暗いというイメージで扱われていたのが良くなった」と評価するのは化学専攻だった会社員(44)だ。集まった声のうち約8割が「構わない」「どちらでもない」と肯定的だった。

 一方、不快と思う人も。「女子の呼称は女の子がファッションでやっている、というニュアンスで使われることもあり屈辱的」と憤るのは神経科学専攻の大学院生(28)。性差別を助長するという意見もあった。

 「女性であることが理系としてハンディになったか」について聞いたところ「ない」が約7割を占めたが、食品メーカー開発職(38)は「トップが『開発職は無制限に働けるのがあたりまえ』という考えで、育児と仕事を両立するなら事務職に配置換えするという圧力があった」と証言。「男性の同期にはないお茶くみ当番をさせられた」という女性(研究職から転職して人事)もいた。

 リケジョが「理系」を意識したきっかけは「数学を解くのが得意だった」「数学が好き」など、数学が分かれ目になっていた。

会員限定記事会員サービス詳細