【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(6)】「意に反して日本軍の性の相手をさせられたというところをずっと書いている」(1/7ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(6)

「意に反して日本軍の性の相手をさせられたというところをずっと書いている」

インタビューに応じる元朝日新聞記者の植村隆氏=7月30日、札幌市(早坂洋祐撮影)
インタビューに応じる元朝日新聞記者の植村隆氏=7月30日、札幌市(早坂洋祐撮影)

 朝日新聞で初期の慰安婦報道に関わった植村隆元記者(北星学園大非常勤講師)の産経新聞インタビューの詳報6回目は次の通り。聞き手は本紙政治部の阿比留瑠比編集委員と外信部の原川貴郎記者。

「(金さんが)言わないことは書けないと思った」

原川「でも訴状を読まれているわけですから」

植村「さまざまな例もあるけれども、(この)訴状は聞き書きのまとめではないですよね」

原川「聞き書きのまとめではなくて、さらにやっぱり裁判に訴えるわけですから、より情報に正確性を期すものだと思いますけども」

植村「民事訴訟というのはご存じですよね。刑事の起訴状とは違って、要するに弁護団の主張を書くわけですからね。私としては、ここ(弁護団の聞き取り)で養父って言わなかったから、言わないことはやっぱり書けないと思った。これは弁護団の前でしゃべったことだから、それで書いているだけ」

原川「それで、違うなということが分かると、金学順さんが当時、日本にしばらく滞在されて、関西でも何カ所か講演されているので、そういう場所に取材に行ったり、あるいは直接本人に、それだけではないだろうが、改めて取材、確認取材とか、そういう機会は設定されなかったんですか」